ホリデイ・トレッキング・クラブ

「学ぶ会」(旧感覚統合を学ぶ会)

 発達がマイペースなお子さんやちょっと気になるお子さんを理解し、支援につなげるためにみんなで意見を出し合いながら「学びあう」場として活動しています。
 2003年に発足し、主に東京地域で感覚統合や作業療法の考え方を中心に症例の検討や臨床実践などを行っています。

NEWS


 2018.12.2  (NEW)
 
 求人情報を1件を更新しました。 
 
求人情報のページをご覧ください。

 
2018.11.17  

活動レポートを更新しました。   

活動レポートのページをご覧ください。

2018.8.29  ←無事終了いたしました
  
臨床編のお知らせです。

今回の「臨床編」は、「目の前のお子さんから直接学ぶ」をテーマに、お子さんを観察して、直接関わらせていただき、どのようなお子さんなのかをアセスメントさせていただくことを目的に行います。
 ご協力いただくお子さんを、参加者2〜3名が1グループとなり、実際にセラピーを行います。
 セラピーは各日1回ずつ行い、その後参加者同士によるディスカッションを行います。
 スーパーバイザー(指導者)はおりませんので、参加者同士のディスカッションを通して、お子さんの理解を深めることができたらと思います。
 発達障害領域の現場は一人職場も多く、そこで日々悩まれている方々にとっては1人のお子さんのセラピーをグループ内で共有し、ディスカッションすることで様々な見方を知ったり、自分のセラピーを振り返ることができる絶好の機会になると思います。
 普段臨床で感じている思いを「臨床編」の場でぶつけてみませんか?
 
 なお、今年度の臨床編は昨年度から行ってきた「評価の視点」を用いて、お子さんの全体像をまとめていく作業に重点を置き行いたいと思います。

詳細については、活動予定のページをご覧ください。

 2017.5.4 ←第1回勉強会は無事終了いたしました
 
今年度の学ぶ会の活動方針および第1回勉強会のお知らせです。

2018年度の年間を通してのテーマは2017年度に引き続き『目の前の子どもから学ぶ』です。
2017年度の勉強会では「評価するにあたっての視点(姿勢保持・情動・認知など…)」を3回連続の企画として、ひとつずつ丁寧に深めていきました。
今年度は主にそれらの視点から全体像をまとめ、実際の臨床と結び付けていく事を行っていきたいと思います。

2018年度の1回目の勉強会は、昨年度の勉強会に、毎回ビデオで登場していただいたタイプの違う二人のお子さんについて全体像をまとめてみたいと思います。これまでの視点での分析を振り返り、そこから「この子ってこんな子だと思います」といった全体像をまとめていきます。
臨床で担当しているお子さんについて誰かに伝えるとき、様々な情報の中から、その子を端的に表した特徴を選んで伝えていると思います。
お子さんの行動を根拠にして、どのように自身や周囲の環境を捉えているのかを考え、全体像をまとめるプロセスを皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。
 
詳細については、活動予定のページをご覧ください。
 

 2013.09.14
ホームページをリニューアルしました。

2013.04.01

「感覚統合を学ぶ会」が「学ぶ会」へと名称変更しました。

「学ぶ会」活動紹介ポスター

 2014年11月1日、2日に開催されました日本感覚統合学会研究大会in栃木の会場で展示しました「学ぶ会」の活動紹介ポスターを掲載しました。
 写真をクリックして、ぜひご覧ください。

おすすめスポット


開催のお知らせ方法

 開催のご案内は、ホームページやブログでの公開、メーリングリストでの配信を行っております。
 メーリングリストに参加していただければ、学ぶ会主催の各種検討会だけでなく、他の研修情報も得ることができます。
 下記のアドレスにアクセスしていただき、メーリングリスト参加申し込みを行ってください。
 ※これまで使用していたYahoo!メーリングリストはサービス終了のため新しいメーリングリストを作成いたしました。
参加希望の方は、こちらのアドレスまで空メールを送ってください

join-tokyo-manabukai.Ab5u@ml.freeml.com

各種検討会への参加方法

 参加申し込みはメールにてお願いいたします。

si_manabukai_tokyoあっとま~くyahoo.co.jp
「あっとま〜く」を@に変えてください。

求人情報のページを作成しました!

 これまで「学ぶ会」メーリングリストでお知らせをしていました求人情報を掲示しておくページを作成いたしました。
 人材を求めている方、仕事を求めている方は求人情報のページをご利用ください。